アクティブ・イマジネーション

アクティヴ・イマジネーションとは、ごくごく簡単にいうなら、無意識から立ち現れてくるさまざまなイメージを相手に、自我が直接的な接触を持とうとするやり方である。

「アクティヴ・イマジネーション」(誠信書房2000年、老松克博)より

特定の問題や気分、できごと、絵画などに精神を集中することで連想されるイメージから、ファンタジーを展開させる。覚醒状態で夢を見ることともいえる。


ユング心理学辞典は、Andrew Samuelsらの”A Critical Dictionary of Jungian Analysis”,1986の邦訳版。ユング心理学用語があいうえお順に並んで網羅されている。

PAGE TOP