ブログ

【白黒パンダシリーズ】1. 読書家 vs 本嫌い

どんな特性にも良い面と悪い面があることをパンダに教えてもらうシリーズルビンの壺(つぼ)デンマークの心理学者ルビンが…

ユング派にとって自殺とは:自殺願望の目的は自我(ego)の死

アメリカのユング派分析家、デビッド・ローゼン(David H Rosen 1945-)は、ゴールデンゲイトブリッジとサンフランシスコ・オー…

世の中には絶対的な善も悪もない:善の中には必ず悪がある

前コラムを書きながら、絶対的な善も絶対的な悪もないとわかっているつもりでも、わたしたちは、自分が正しいとかいいと思うことをまるで「絶対的な…

日本人のコロナメンタリティ「欲しがりません、勝つまでは」にスポーツ指導者のこども虐待にも通じる精神性

全2ページ、2500文字このコラムは日本人批判ではない。日本のコロナの状況を実際には知らないわたしが勝手に想像して連想した…

マンダラぬり絵とユング心理学

はじめて曼荼羅(まんだら)ぬり絵のことを知ったのは、15年近く前だった。スイスで病院の精神科に自主的に入院して、いろいろな心理療法…

ユング派分析家の資格とPhD(博士号)

「ユング派分析家国際資格って、臨床心理士のように数年毎に更新の必要があるタイプなのでしょうか?」というご質問をいただいたので、回答…

ユング派分析家マレイ・スタイン、コロナを語る:世界を覆う影としてのコロナ

ユング派分析家のマレイ・スタインは、現在、世界中を大混乱させている新型コロナウィルスの災禍についてユング心理学的に考察し、この危機…

コロナがつきつける新しい目的や態度の必要性

「新型コロナウィルスの不安に直面すること」をテーマにしたアメリカのユング派分析家たちの討論を聞いた。元型としてのペストを枠組みとし…

パンデミック芸術でコロナの時代を学ぶ

パンデミックを扱った古典芸術作品に、これほど大きな示唆を与えられる日が現実に来ようなどと一体誰が予想しただろうか。この記事では、ル…

黙示的・終末論的な元型イメージとしてのコロナ

The Sun Setting among Dark Clouds, J. M. W. Turner, c. 1826ユン…

さらに記事を表示する

■メールアドレスをご登録いただくと1週間〜数ヶ月に1度、更新のお知らせメールが届きます。

記事(順不同)

PAGE TOP