ブログ

箱庭に表れる心象風景

夢やさまざまな芸術表現と同様、箱庭(はこにわ)にも無意識や心の奥深いところにあるものが表れてくる。このコラムでは、箱庭を、心理療法としてというよりも、人の心を表現するアートの一種として紹介してみたい。

江戸時代の町人文化としての箱庭

箱庭は、小さな、あまり深くない箱の中に、小さな木や人形、橋や船などの様々なミニチュアを配して、庭園や名勝など絵画的な光景を模擬的に造って楽しむもので、江戸時代後半から明治時代にかけて流行した。類したものに、盆石、盆景、盆栽などがある。

たとえば湯川秀樹は、幼い頃、盆石遊び(お盆の上に石を置き、風景を作る)をして、その遊びを通して、自分の世界を作っていたという。

明治期から大正期にかけても、箱庭文化は細々と命脈を保っていたが、盆栽同様、年寄りじみた、ひなびた趣味とみなされがちになってきていた。

教育や医療現場で脚光を浴びるようになった箱庭

そんな箱庭文化がふたたび注目されたのは、河合隼雄らを中心とする心理学者の一派によって、箱庭の形成を通じた心の動きが注目されたからである。彼らはユング心理学の「砂遊び療法」の中に日本の箱庭遊びと同様の構造を発見し、箱庭療法として発展させた。

箱庭療法の歴史

1911年、SF作家のH. G. ウェルズ(Herbert George Wells)が自分の子供と床の上でミニチュア玩具を並べて遊んだ印象深い体験に基づいて、「フロア・ゲーム(Floor Games)」という本を書いた。

その本を読んで感動したイギリスの小児科医でクライン派のマーガレット・ローエンフェルト(en:Margaret Lowenfeld)が世界技法(The World Technique)を作り、1929年に発表した。

その後、スイス人のドラ・カルフ(Dora Kalff)がユング心理学を基盤としてさらに発展させ、「砂遊び療法」(Sandplay Therapy)として確立した。当初は主に子ども用のセラピーとして使用されたが、次第に大人にも使用されるようになった。

箱庭療法の日本への導入

スイスのユング研究所に留学中だった河合隼雄は、カルフと会って、箱庭療法を体験する。箱庭を見た際に、かつて小学生の頃に見た「箱庭遊びと似ている」と思い、欧米と比較して非言語的表現の多い日本の文化に適していると思ったと語っている。1965年、河合隼雄により日本に紹介された箱庭療法は、日本で急速に普及し、世界的に日本ほど、箱庭療法が急速かつ、広範に普及した例はないと言われている。「箱庭療法」はSandplay Therapyの河合隼雄による訳である。

★箱庭療法はユング心理学とは無関係に日本で広まり、箱庭療法が河合隼雄によって日本に紹介されたこともあまり知られていない。わたしも昔、日本で働いていたときには、箱庭療法は使っていてもユング心理学はまったく知らない大多数のセラピストのひとりだった。

箱庭の道具

■ 箱と砂:
箱は所定の大きさ(57 x 72 x 7 cm)で、箱の内側は青色に塗られている。そこに細かい砂が入っていて、砂をのけると青い部分があらわれて、そこが海や川や池などになる。

■ 箱庭で使用するオブジェ:
特に規格化されておらず、セラピストが自由に集めてくる。つまり、カウンセリングルームによって、使用できるオブジェの種類や数が違うが、市販の箱庭セットを購入して使用するセラピストも多い。

たとえばこのセットなら、130万円也!(2018.11月現在、メルコムのスーパーグレイトセットの価格)

河合隼雄は、瀬戸物市や夜店で買ってきたり、箱庭療法を習ったスイス人のカルフと、互いに自国のおもちゃを交換したりして、箱庭用のオブジェを集めたそうだ。

河合隼雄の箱庭体験

私も自分でずいぶんつくっていますけれども、まず砂にさわるということの持つ意味が大きいと思います。大人の人は砂いじりなんてあんまりやらないから、砂をいじっているうちに子供に帰ったような、少しコントロールが弱まった感じになってきて、何かつくりたくなりますね。しかし、やってみられたらわかりますが、自分の思っているとおりにはなかなかいかないものです。たとえば日本的な庭園をつくってやろうと思ってつくりはじめても、何か物足りなくなってきて、最後に池の中に洗車をポンとほうりこんだりする。自分でもなぜこんなことをするんだろうと思うようなことが起こってくるんです。それから、左のすみなり右のすみなりがあいていて、アンバランスだと自分でわかっているのに、どうしても何も置けないというようなときもありますね。ノーマルな人でしたら、初めはわりと整合性のあるというか、かっちりした景色をつくりかけるんだけれども、途中でいろんなものがもやもや出てくるわけです。

個人的な意見

絵を描けと言われると、一瞬ひるんだり抵抗を感じる人にも、棚に並んだモノから適当に選んで、箱の中にぽんぽん置いていけばいいだけの箱庭はハードルが低い。モノを並べただけでそれなりに形になるので、クリエイティビティも不要だし、上手い下手もない。シンプルにしてよくできたつくりで、砂を盛り上げると山になり、砂をどかすと”水”が出てくるなど簡単に立体表現もでき、箱はわりと大きいので、仕上がったときにはかなり満足感が得られる。興味がなくてもやってみると意外に楽しめ、自分についての発見もある。

自分の内面を言語化することが不得手だったり、言語化することには限界があると感じる人はもちろん、言語化が得意な人も、非言語的な表現を通して自分の心象風景を味わうという体験は、試してみる価値があると思う。

参考文献

このコラムを書くにあたり、ウィキペディアの箱庭療法の項目と「魂にメスはいらない ユング心理学講義 (講談社+α文庫)」を参考にした。

更新通知

メールアドレスを登録していただくと、コラム更新のお知らせが届きます。(手動でお送りしますので、遅れることもあります。)




最近の記事

PAGE TOP