ブログ

赤か青か:映画マトリックスの究極の選択と精神分析

クライアントさんが、「赤いジェットコースターと青いジェットコースターがあって、どちらが勝つか勝負するらしい。」という夢を見た。勝負の行方はわからないで目が覚めたそうだ。

赤か青かといえば、思い出すのは、映画マトリックス(The Matrix, 1999)である。

主人公ネロは、モーフィアスに赤いカプセルと青いカプセルを差し出され、決して後戻りのできない究極の選択を迫られる。

「青い薬を飲めば、話は終わる。ベッドで目覚め、元の暮らしが待っている。赤い薬を飲めば、不思議な国のウサギの穴の奥底へ降りて行ける。」

赤い薬は、真実を知る薬。青い薬を飲むと、すべてを忘れ、もとの世界に戻る。

赤いカプセルが表しているのは、不確かな未来であり、コンピュータによって作り出された仮想現実(Matrix)から逃れ、現実の世界で生きて行くことを意味する。しかし真実の世界は、仮想現実よりも厳しく過酷である。

一方、青いカプセルは、お気楽な監獄を意味する。マトリックスにより制御された中で、真実から目を背けて適当に生きていくという道である。

それまで、漠然とした違和感を感じながらもそれとは知らずに仮想現実の中で生きていたネロは、赤いカプセルを選んで、物語は始まる。

赤いピルと青いピルの選択は、究極の選択のメタファーでもあるが、精神分析を受けて、自分の無意識に向き合うことは、不思議な国のうさぎの穴に降りていくことに似ている。

映画の該当シーンはこちら。(CMのあとの35秒)

おまけ

ジェットコースターの夢のセッションの翌々日、イギリスのRyeという街で訪れた教会で「赤と青」を見つけた。

薄暗い教会の、他にはあまり目立つ色もない中に、天使が二人それぞれ、違和感さえ覚えるような目立ち方で赤と青の腰巻をつけていたので、ジェットコースターのクライアントさんに見せようとパチリ。(写真では赤と青が見えにくい。)

この天使たちは、本来、教会の屋根の上の時計塔に置かれているもので、この時計の鐘が、毎時0分ではなく、15分に鳴ることからクォーターボーイズ(The Quarter Boys)と呼ばれている。この教会のシンボルになっているので、教会の内部にも設置されていたようで、外部の本来の位置では違和感なく周りと調和していた。


(St. Mary’s Parish Church, Rye, England)

2018.8.8.MKさんの誕生日に記。

※冒頭のイメージ画像 By W.carter [CC BY-SA 4.0 ], from Wikimedia Commons

更新通知

メールアドレスを登録していただくと、コラム更新のお知らせが届きます。(手動でお送りしますので、遅れることもあります。)




最近の記事

PAGE TOP