ブログ・コラム

夢分析について

夢分析は精神分析のツール。

フロイトが「夢は無意識への王道である」と言ったことはよく知られています。わたしたちが眠ったときに見る夢は、「無意識の断片」として、重要な意味を持っており、無意識を知るための手掛かりやヒントを与えてくれます。
夢分析の方法は、学派によって違いますが、ユング派の精神分析では、「こんな夢を見たらこんな意味。こんなモノが出てきたら、こんな意味。」という風に決めつけられることはありません。同じような夢でも、それを見た人によって解釈は違ったものになります。夢には、それを見た人の置かれている状況や、過去の経験、そして連想によって、その人ならではの意味があると考えられます。ですから、どんなに熟練した精神分析家でも、「正しい」解釈ができるとは限りませんし、そもそも絶対的で正しい解釈というものもありません。あるとすれば、夢を見た本人が、「なるほど」としっくり来る解釈が「正しい解釈」なのです。精神分析もそうであるように、夢分析は、精神分析家の助けを借りながら、本人がやる作業です。本人が、夢のメッセージを受け止めようと積極的にとりくみ、「しっくり来る解釈」にたどりついてはじめて、そこに無意識と意識のつながりができるのです。

夢は変化する。

「よく見る夢」を多くの人がもっています。「よく見る夢」は、精神分析的な観点からいうと、無意識が一生懸命、送り続けているメッセージだといえます。とても重要なメッセージなので、なんとか受け取ってもらおうと、繰り返し送り続けているのです。「夢分析」によって、このメッセージを了解すると、まったく同じ夢はもう見なくなります。夢の内容が確実に変化していくのです。こんどは、次のメッセージが送られてくるようになるでしょう。
夢のメッセージを聞くということ、それは、「意識」の知らないわたしたち自身のことを、「無意識」によって教えられるということです。

最近の記事

このサイトは、以下のテーマを使って作成されています。
WordPressテーマ「LAW (TCD031)」
PAGE TOP